188betth

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

このページではJavascriptを使用しています。 受験生|在学生|卒業生|保護者|企業・報道機関 お問い合わせ アクセス バス時刻表 キャンパスマップ English ホーム>新着情報>プレスリリース>【追手門学院No.33】ネガティブな自己概念はどのように形成され更新されていくか? 入試情報サイト(入試ナビ) 大学紹介 学部・大学院 / 教育内容 キャンパスライフ 国際交流・留学 キャリア・就職 研究・産学官連携 施設 社会連携・社会貢献 資料請求 大学紹介 学長挨拶 学長メッセージ 言伝 入試情報サイト OIDAI入試ナビ 大学案内 学びの特色 追大MOVIES 独自視点のニュースメディア OTEMON VIEW 追大スポーツWEB 情報公開 大学基本情報 (組織や学生数、教職員数などを公開) 大学概要 教育理念 沿革 学院歌 ロゴマーク キャラクター・LINEスタンプ 追大バーチャル背景 ダウンロード 商標登録 組織 教員紹介(研究者総覧) 客員教授紹介 内部質保証、自己点検・評価、認証評価 ユニバーシティ・アイデンティティ(UI) 広報・パンフレット 大学案内他入試資料 OTEMON BRIDGE BRIDGE ONLINE 追大MOVIES 頑張る追大生VOICE 追大スポーツWEB 広報活動 キャンパス紹介 茨木総持寺キャンパス キャンパスマップ 交通アクセス 直通バス時刻表 施設紹介 各種取組み コンプライアンス遵守の取組み 公正な研究活動・研究倫理 人権への取組み 防災への備え 環境への取り組み 受動喫煙防止のための取組み 障がいのある受験生や学生に対する取組み 卒業時アンケート 卒業生及び就職先へのアンケート調査 新型コロナウイルス感染症対策に関する取り組み 学校法人追手門学院 事業会社 株式会社オーティーエム お問い合わせ よくあるご質問 お問い合わせフォーム 学部・大学院/教育内容 学部 理工学部(2025年新設/仮称・認可申請中) 文学部 国際学部 心理学部 心理学専攻 心理学部 人工知能・認知科学専攻 社会学部 法学部 経済学部 経営学部 地域創造学部 PICK UP 学びの特色 全学部対象の教育 共通教育科目 大学院 大学院TOP 経営・経済研究科 心理学研究科 現代社会文化研究科 教学関連 資格課程 単位認定科目 科目等履修生・聴講生・研究生 シラバス STUDY GUIDE 3つのポリシー カリキュラムマップ 教育支援 教育支援センター WIL推進センター MATCH推進センター 学習支援センター 入学前教育 ライティングヘルプデスク 教職支援室 特色 大学教育再生加速プログラム 数理・データサイエンス・AI 教育プログラム   キャンパスライフ 経済的支援制度の案内 (奨学金、授業料減免) 追大スポーツWEB 頑張る追大生VOICE 学年暦・授業時間 証明書・手続 学生証 遺失物・拾得物・各種諸手続き 各種証明書発行について(在学生用) 各種証明書発行について(卒業生用) 学費・奨学金 学費について 経済的支援制度(奨学金、授業料減免)の案内 教育ローン 学生生活サポート 学年暦・授業時間 大学行事 通学関連 気をつけよう学生生活 ソーシャルメディアについて キャンパス・ハラスメント アルバイト・求人情報 賃貸住宅案内 「追大サポート」(OTM学生生活支援サービス) 学生用施設紹介 警報発表・災害・地震時など緊急時には 安否確認システム (ANPIC)について 日本学生支援機構 健康管理 保健室 本学における各種保険の取扱いについて 学生相談室 受動喫煙防止のための取組み 課外活動 クラブ・サークル・その他課外活動 追大スポーツWEB(結果) ボランティア活動 学友会追風  学友会追風 国際交流・留学 海外留学を希望する方へ 中長期留学 短期留学 海外協定校一覧 短期海外留学奨励奨学金 認定留学 語学検定料補助 派遣交換留学奨励金 キャンパス内国際交流 English Café at Otemon(E-CO) Japan Program 日本語パートナー 私費外国人留学生の方へ 入試制度 授業料減免・奨学金 在留手続き 就職支援(留学生向け) 生活情報 留学生による地域交流 国際連携企画課からのお知らせ 国際連携企画 ホストファミリー募集 キャリア・就職 追手門就職情報 2023卒(3年生) インターンシップ 資格講座 求人NAVI 追大就活(就職支援システム) キャリア・アクションコモンズ 学習支援コーナー 在学生の方へ 進路報告(内定または進路が決まった皆さんへ) 就職活動におけるトラブル・ハラスメントについて 就職活動に関する学外支援情報および各種申請用紙 企業・団体の方へ 求人のお申込み 在職者調査・追手門学院大学の卒業生に関するアンケートについて 卒業生の方へ 卒業生向け就職支援 保護者の皆さまへ 就職・キャリア支援課について キャリア・アクション・コモンズについて 就職実績 追手門就職情報2023卒(3年生) 保護者のための就職講演会 研究・産学官連携 研究方針 産学官連携 学術成果 研究支援 研究所・センター オーストラリア・アジア研究所 ベンチャービジネス研究所 地域支援心理研究センター 地域支援心理研究センター附属「心の相談室」 スポーツ研究センター 上方文化笑学センター 成熟社会研究所 学院志研究室 一貫連携教育研究所 独自視点のニュースメディア OTEMON VIEW 施設 教育関連施設 図書館 宮本輝ミュージアム 教育支援センター WIL推進センター MATCH推進センター 学習支援センター 教職支援室 ライティングヘルプデスク English Café at Otemon システム企画推進課 学生用施設 学生会館(安威キャンパス) 学友会センター(安威キャンパス) トレーニングセンター(追fit) 体育館・グラウンド(安威キャンパス) 保健室 学生相談室 食堂・書店・コンビニ 施設営業情報 その他 将軍山会館 松籟庵 社会連携・社会貢献 社会連携 地域連携 学校間連携 地域スポーツ人材育成コンソーシアム 追手門学院大学×ガンバ大阪 パートナーシップ協定 エコボランティア活動 ガンバ大阪 プロジェクト実践 学生による地域交流活動他 学生を交えたプロジェクト 新着情報 News 重要なお知らせ ニュース メディア 在学生の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ 一般・企業・報道機関の方へ キャンパスライフ 国際交流・留学 キャリア・就職 研究・産学官連携 地域連携・社会貢献 アサーティブプログラム・アサーティブ入試 プレスリリース 施設・研究所 --> プレスリリース No.33 信州大学、名古屋大学との共同発表/研究成果 2022年10月17日配信 実験とシミュレーションによる個人差の検討 ネガティブな自己概念はどのように形成され更新されていくか?   Tweet   画像DL 印刷はコチラ 【研究成果のポイント】 うつ病をはじめとする精神疾患では,「自分は無能だ」「自分は人生の敗北者である」といったネガティブな自己概念を保持する傾向にあります。しかしながら,どのように自己概念が形成され,更新されるのか,それらに個人差はあるのか,といった疑問については,科学的にも未解決のままです。   信州大学人文学部 松本 昇 准教授,名古屋大学大学院情報学研究科 片平 健太郎 准教授(研究当時),追手門学院大学心理学部 川口 潤 教授らの研究グループは,ヒトが抱くネガティブな自己概念がどのように形成され,更新されていくかを,心理学実験およびシミュレーションによって検討しました。その結果,(a)経験した出来事の感情価(ポジティブ/ネガティブ)と,(b)その出来事の自己一致度(自分らしいと思うかどうか)の2つの要因によって自己概念の更新が行われることが示されました。さらに,人生の初期においてネガティブな出来事が先行すると,その後の人生において多くのポジティブな経験をしたとしてもネガティブな自己概念が強固になってしまう事例がシミュレーションによって示され,この傾向は認知的反応性と呼ばれる,ネガティブな気分に対して過剰に反応しやすい傾向を持つ者(例:憂うつなときは,自分の少しの間違いも許せなくなる)に現れやすいことが示唆されました。 本研究成果は2022年10月10日,Springer Natureが発行する学術誌Cognitive Therapy and Researchに掲載されました。 【研究手法・成果】 この研究において,実験参加者は「開発中の機械学習による心理テスト」を受検し,その後,実験参加者の性格特性,行動傾向,将来の展望などに関するフィードバックが一文ずつ呈示されました(例:あなたは将来大金持ちになる)。ここで重要なのは,実際には機械学習は行われておらず,全ての実験参加者に同じフィードバックがランダムな順番で与えられていたことです。実験参加者には「機械学習によるこの心理テストはかなりの精度を誇っている。しかし,まだ開発中であるので,あなたの回答をもとにフィードバックの内容や表現を調整すること」が本研究の目的であるという旨が伝えられ,それぞれのフィードバックが自分にあてはまるかどうか(フィードバックの自己一致度),自分のことを優れた/劣った人間だと思うか(自己概念)を評定することが求められました。   図1に,ポジティブな/ネガティブなフィードバックを受けたときに,それが自分にあてはまると感じるかどうかによって,自己概念がどれほど変動するかを示しました。ポジティブなフィードバックを受け取った際に,それが自分にあてはまると評価した場合は自己概念がポジティブに変容しましたが,それが自分にあてはまらないと評価した場合は自己概念がネガティブに変容しました。反対に,ネガティブなフィードバックを受け取った際に,それが自分にあてはまると評価した場合は自己概念がネガティブに変容しましたが,それが自分にあてはまらないと評価した場合は自己概念がポジティブに変容しました。また,これらの傾向は,認知的反応性と呼ばれる,ネガティブな気分に対して過剰に反応しやすい傾向を持つ個人ほど強いことがわかりました。 図1.実験における自己概念の変化 縦軸は自己概念の変化量を表す(高いほどポジティブな変化&低いほどネガティブな変化)。なお,自己概念は1~-1の値をとる。変化量は極めて小さいことに留意されたい(自己概念は短期間で大きく変動しない)。横軸はフィードバックの感情価に基づく予測誤差を表す。右に行くほどポジティブな(現在の自己と良い意味で乖離している)フィードバックであり,左に行くほどネガティブな(現在の自己と悪い意味で乖離している)フィードバックである。   次に,この実験で明らかにされたフィードバックの効果やその個人差要因を数理モデルで表現し,人生における自己概念の発達の様子と個人差(認知的反応性)の効果をシミュレーションにより検討しました。ここでは,実験におけるフィードバックは人生において経験する出来事を模倣しており,フィードバックが自分にあてはまる程度はその出来事の個人的重要度あるいは自分らしさを表すものとします。   図2に,経験される出来事のうち8割がポジティブな出来事である場合(2割はネガティブな出来事である場合)に,言い換えれば恵まれた環境で育ったときに,自己概念がどのように発達するのかをシミュレーションした結果を示します。色のついた線は架空の20名それぞれの自己概念の軌跡です。このシミュレーションにおいて,パラメータαやwが小さいときには,誰もがポジティブな自己概念を発達させることができました。ところが,パラメータαやwが大きくなると,出来事によって自己概念が変動しやすくなり,恵まれた環境にもかかわらず比較的少ないネガティブな出来事の影響を強く受け,ネガティブな自己概念が定着してしまう個人が出現します(図2の右下のパネル)。これは,ネガティブな出来事により自己概念がネガティブに変容し,それによってネガティブな出来事は自分にあてはまると認知しやすく,ポジティブな出来事は自分にあてはまると認知しにくくなり(wの大きさがこの傾向に関連する),それらの出来事により自己概念がさらにネガティブに変容するというフィードバックループ (負のスパイラル) が生じることを表しています。興味深いのは,先に述べた実験ではパラメータαやwと認知的反応性には相関関係があったことです。この結果とシミュレーションの結果を合わせると,認知的反応性が高い個人は図2の右下のパネルのような軌跡を辿る可能性が高いことが示唆されます。 ※ wはフィードバックの自己一致度におけるフィードバックの感情価と自己概念の感情価の交互作用を決めるパラメータ (wが大きいと,例えば自己概念がネガティブになっているときにネガティブなフィードバックは自分に当てはまっていると感じやすく,ポジティブなフィードバックは自分にあてはまっていると感じにくい)。αは一回の経験による自己概念の変化のしやすさの程度を決めるパラメータ。自己概念の更新量は,α×自分に当てはまる程度×予測誤差となる。 図2.架空の20名における自己概念の発達過程(ポジティブな出来事を8割経験した場合) パラメータα(0.1, 0.3, 0.5)とw(0, 1, 5, 10)の組み合わせが異なる12回のシミュレーション結果を表している。縦軸は自己概念を表しており,高い値ほどポジティブな自己概念を保持していることを表す。横軸は出来事経験の蓄積を表しており,ここでは架空の出来事を100回経験したとするシミュレーションを示している。 これらのシミュレーション結果は,良い環境にあっても精神疾患に陥ってしまう個人が存在する理由を示唆するものであり,自己概念に関する研究を進展させるものです。 <論文情報> 題目:Cognitive reactivity amplifies the activation and development of negative self-schema: A revised mnemic neglect paradigm and computational modelling 著者:Noboru Matsumoto, Kentaro Katahira, & Jun Kawaguchi 掲載誌:Cognitive Therapy and Research 日付:2022年10月10日 DOI:https://doi.org/10.1007/s10608-022-10332-x ▼本件に関する問い合わせ先 追手門学院大学 広報課 谷ノ内 仲西 TEL:072-641-9590 メールアドレス:[email protected] 大学紹介 ご挨拶 学長メッセージ 言伝 大学概要 学びの特色 広報・パンフレット キャンパス紹介 各種取組み 情報公開一覧 お問い合わせ 学部・大学院 学部 大学院 学びの特色 全学部共通カリキュラム 教学関連 教育支援 特色 キャンパスライフ 頑張る追大生VOICE 追大スポーツWEB 証明書・手続 学費・経済的支援 学生生活サポート 健康管理 学友会追風 課外活動 国際交流・留学 海外留学を希望する方へ 留学帰国後レポート キャンパス内国際交流 私費外国人留学生の方へ 国際連携企画課 キャリア・就職 企業・団体の方へ キャリア・就職|卒業生の方へ 研究・産学官連携 研究方針 産学官連携 学術成果 研究支援 研究所・センター 施設 教育関連施設 学生用施設 その他の施設 地域連携・社会貢献 社会連携 追手門学院大学×ガンバ大阪 学生による地域交流活動 茨木安威キャンパス 〒567-8502 大阪府茨木市西安威2丁目1番15号 茨木総持寺キャンパス 〒567-0013 大阪府茨木市太田東芝町1番1号 このサイトについて|個人情報の取扱いについて|サイトマップ TOPページへ|採用情報|追手門学院倫理憲章|ソーシャルメディアポリシー|メールマガジンについて|監査部門|株式会社オーティーエム Copyright © Otemon Gakuin University.  All Right Reserved. 入試情報サイト 資料請求 アクセス

188betth ブラックジャックスプリットとは シアトルマリナーズキャップ ベストライブカジノ2024年|オンラインで本場の様なカジノ体験
Copyright ©188betth The Paper All rights reserved.